忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.08.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
2017
August 21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
March 02
 年頃の女の子が思いっきり歯を食い縛り、尋常ではない形相で顔を天井に向けている。
 出産?
 みたいな勢いだ。
 そのような画像が、俺のケータイにも大切に保管されている。
 職場のスナック「スマイル」で、お客さんによって撮影されたものだ。

 その晩は誰もが酔っ払っていた。
 従業員たちももちろんそうで、俺がHちゃんに対して何かしらの軽口を叩いたんだったと思う。
 そこの記憶は曖昧だが、きっと「お前の前世は戦国武将」とでも言ったのだろう。

 フロアレディのHちゃんは激昂し、俺に物理的に襲いかかってきた。
 殺されると判断し、俺はシリアスな顔になって悲鳴を上げ、大真面目に逃げ出す。
 カンフー映画の如くテーブルを飛び越えたところで捕まり、このザマだ。

 Hちゃんの腕が俺の喉に回され、そのまま締め上げられる。
 チョークスリーパーは腕が細いほうが有利なのだ。
 血管など色々と塞がれ、意識が遠くなる。

「マジごめんなさいマジごめんなさい!」

 叫びながらタップするのだが、力が緩まる気配がまるでない。

「マジ無理マジ無理! 死ぬ死ぬ! ホントやめてホントやめて!」

 しかしHちゃんは無情で、お客さんに「カウント取って!」と指示を出す。
 カウントも何も、俺はとっくにギブアップしてるのに。

 ちなみにカウントを頼まれたお客さんは、はしゃぐ孫でも見るかのように微笑んでケータイを取り出し、カメラを起動させている。

 カウントが進まないものだから、Hちゃんは攻撃の手を緩めない。
 俺の顔色が見る見るうちに青ざめてゆく。

「この感覚は死!」

 今までの思い出が走馬灯のように巡り出す。

 Hちゃんは仕方なく、自分でカウントをし始めた。
 俺の降参宣言は受け入れない方針らしい。

「ワーン! ツー! スリー! うおりゃあ!」

 フォーの代わりに気合いを入れ直すHちゃん。
 いい感じに魂が抜け始める俺。
 とてもスナックの光景とは思えない。

 Hちゃんもしこたま飲んでいたために、早くも記憶が抜けているようだ。
 再び「ワーン!」とカウントをリセットし、始めから数え直している。
 人の命を何だと思っているのだろうか。
 しかもスリーから先に絶対に進まない。
 10までの道のりは果てしなく長い。

 結局、Hちゃんが疲れるまでずっと俺は首を絞められ続け、終わる頃になると俺は屍と化して動けないでいた。
 Hちゃんが勇ましく両手でガッツポーズを取る。
 お客さんのケータイには、きっとそのときの画像も残っているに違いない。

 続けてHちゃんは、お客さんに怒り出す。

「カウント取れっつってんの! 写メ撮ってどうすんスか!」

 幽体離脱の状態で、俺はその声を遠くから聞いていた。

 後日。
 Hちゃんは不思議そうな面持ちで、自分のケータイを俺に見せてくる。
 そこには冒頭にあったような構図の、めちゃめちゃ力んでいる彼女の顔が大きく映し出されている。
 苦しんでいる俺はというと、画面の外にいて映ってはいない。

 言うに事欠いて、彼女は被害者に対して次のような疑問を投げかける。

「こないだお客さんからこんな画像が送られてきたんですけど、なんであたし、こんな顔になってんスか?」 

 信じられない。
 なんでピンポイントで俺に訊ねてくるのだ。
 明らかに殺人未遂だったのだから、忘れないでいただきたい。

「このときあたし、何してんスか?」

 俺にチョークスリーパーをかけていた。
 この表情からして、よほどマジだったんだね。
 何度タップしても外してくれなかったし。

「あたしが!? めささんに!? なんで!?」

 脳に行くはずだった血液を止められたせいで覚えてない。

「あっはっはっは! あたしかー!」

 Hちゃんは、それはそれは楽しそうに大笑いしておいでだった。

追記・この日記を書くにあたって、俺はHちゃんの留守番電話にメッセージを残し、断りを入れておいた。
  その内容が日常的には珍しいものだったので、記念に記しておくことにする。

「Hちゃん、おはようございます。めさです。チョークスリーパーの件なんだけど、日記に書かせていただきます。じゃねー」

 チョークスリーパーの件て!

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
留守電に入れて許可取ったつもりかぁ~(`ε´)
Hちゃん: 2009.03/02(Mon) 22:02 Edit
ヤバイ
これはまた絞められるね
sun: 2009.03/02(Mon) 23:42 Edit
無題
めささん、マジどんまいっす;)

Let's ドンマイ!
かっちゃん: 2009.03/03(Tue) 00:00 Edit
無題
絶対バストが背中に押し付けられたんだろうね...
めささん...
全神経を背中に集中させたんだろうね...
けと: 2009.03/03(Tue) 01:02 Edit
無題
またチョークスリーパーされたかったんですね!
ガチャピン@みずほ: 2009.03/04(Wed) 20:44 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]