忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.06.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
June 26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
March 07
 あの電話さえなければ、こんなことにはならなかった。

 2009年元旦。
 俺はお世話になっている飲み屋さんのママとマスターから挨拶を受けていた。
 律儀なことに、わざわざ電話をかけてきてくれたのだ。

「めさ君、今年もよろしくね」
「いえいえ、こちらこそですよ」

 そのような他愛のないやり取りをしていると、ママさんが意外なことを言い出す。

「チーフが何か考えてるみたいだよ? だから近々またねー。チーフとサプライズやるから」

 記憶違いでなければ、そのようなセリフだったと思う。

 チーフが俺にサプライズ?
 言われてみればもうすぐ俺の誕生日だ。

 チーフというのは男友達で、考えてみれば以前「誰かにサプライズをやったことはあるけど、されたことはない」なんて話をしたことがある。
 間違いない。
 チーフは俺のために、バースデイサプライズを企画しているのだ。
 カレンダーを見ると誕生日当日は俺が休みの日だし、絶対そうに決まっている。

 ママさんはなんだか嬉しそうな声だ。

「だからめさ君、また今度ね」
「え、あ、はい」

 サプライズをやるだなんてこと、俺に言ったら駄目じゃないか?
 全くママさんは天然でいらっしゃる。
 なんて浮かれたことを思いつつ、通話を終える。
 電話を置くと、俺は誕生日当日のことを想像し始めていた。

 結果から先にいえば、このときから俺は勘違いをしている。
 誰も俺にサプライズなんて用意していなかったのである。
 ママさんが何故「サプライズ」なんて言ったのかは未だに解らないが、少なくとも俺の誕生日とは全く関係のないことだったのだろう。

 そんなことも露知らず、俺はノリノリで心の準備をしていないフリをするために、心の準備を始めていた。

「えー!? なんでみんな集まってるのー! うっそ! 俺の誕生日!? もー! やめてよー! 俺そういうのホント弱いんだからー!」

 弱いのはお前の頭である。

 それでも俺は大真面目で、当日の様子を何度も何度も試行錯誤し、シミュレーションを重ねていった。
 主役が驚いてあげなくては、せっかくのサプライズが台無しになってしまう。
 実は最初からサプライズの計画なんてないわけだから台無し以下なんだけど、この時点ではそんなこと知らない。

 俺は演技が下手だから、何も知らないフリを完璧にできるように練習しておかなくちゃ。
 それでみんなから「生まれてくれてありがとう」的なことを言ってもらって、俺は俺で「今までで最高の誕生日です」とか言ってわざと泣くのだ。
 それぐらい喜んでやれば来年からも祝ってもらえるであろう。
 2009年のめさは、腹黒キャラでいかせていただく。

「えええええ!?」って大きく驚くのと、びっくりしすぎて固まってしまうのと、どっちのほうが真に迫っているだろうか。
 そのような計算を本気でしながら、1日1日が過ぎていく。

 友達からの電話でも、俺の痛々しさは絶好調だ。

「もしもし、めさ? 11日にさ、そっちに2人で遊び行ってもいい?」
「あ、その日はね、俺は大丈夫なんだけど、もしかしたらチーフから呼び出し喰らうかも知れないんだ。そうなった場合、近所の飲み屋さんに行くことになるんだけど、それでもいい?」
「いいよー」
「いやね、実はチーフが俺にサプライズを企画してくれてるみたいでさあ」

 可哀想にもほどがある。
 存在しない企画を楽しみにしすぎだ。

 しかもバースデイ当日、なかなか呼び出しの連絡がないために、俺は自分からチーフにメールまで送っているのである。

「チーフ、今夜は何してるの?」

 チーフからの返信は驚くべきことに、たったの2文字だった。

「夜勤」

 これ以上のサプライズが他にあるだろうか。
 本当にびっくりした。

 33歳になった日、俺は静かに泣き寝入る。

拍手[2回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Let's どんまい!
めささんの場合、痛いくらいに可哀相なシチュエーションでもおいしい感じになるのは、文章の表現が上手だからですかね。
いろんな意味で尊敬します。
チルドレン: 2009.03/08(Sun) 03:13 Edit
無題
それがサプライズやないですか?
サプライズがあると思わせる→めさ様が浮かれる→サプライズがあるはずの日が思いっきり何もない日になる→しかもめさ様は予定を入れてない!
サプライズがないのがサプライズでしょ
たか: 2009.03/08(Sun) 12:59 Edit
すいません
こんばんは(^-^)
お久しぶりです。(お世話になったふり)

実は
この日は
おめでとうしてました☆


娘の(´▽`)


めささん、
おめでとう!
(3月ですけど)


めささんのおかげで
去年からは、楽しいことがたくさん…
ていうより、楽しいこときたくさん気が付いた、って感じです。


めささん
生まれてくれて
ありがとう。


本文より。
なんちて!
本当に、ありがとう。
三流栞: 2009.03/19(Thu) 02:01 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]