忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.12.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
2017
December 14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007
March 29

 友人からの電話に出る。

「もしもし、めささん?」

 おーう、お疲れさん。

「こないだ電話くれたでしょ? なんだったの?」

 うむ。
 地元でCDを買おうと思ったの。
 でも、どこに売っているのか分からなくって、訊きたかったんだ。

「そうなんだ? あ、今めささん彼女と一緒でしょ? 電話、大丈夫?」

 ふええ!?
 え、あ、ああ!
 ま、まあね。
 一緒だけど、だだ大丈夫さ。

「見栄っ張り」

 だって。
 だってだって。

「オメーが彼女か」

 だって。
 ってゆうか、彼女かあ。
 たまには恋に落ちたいのう。
 目が合った瞬間、ドラマの主題歌が流れちゃう感じの。
 要所要所で画面下に「トゥー・ビー・コンテニュー」って英語のテロップが入る感じの。

「ベタベタじゃん」

 俺、そういうのが好きなんだよ。
 例えば、そうだなあ。




「遅刻遅刻!」

 食パンを口に咥え、走る。
 転校初日から寝坊しちゃうなんて、おっちょこちょいな自分に腹が立つ。
 急がなくっちゃ。

 猛ダッシュで学校を目指す。

「きゃ!」
「うわ!」

 曲がり角でぶつかった相手は、あたしと同い年ぐらいの男の子だった。

「いて!」
「いったぁ」

 2人とも尻餅をつき、腰をさする。

「ちょっとあんた、どこ見てんのよ!?」
「オメーこそ!」
「何よあんた、態度悪くない!?」
「そりゃお前だよ!」
「何よ!」
「なんだよ!」
「ふん!」

 ホームルームには、どうにか間に合った。
 担任教師がクラス全体を見渡す。

「え~、転校生を紹介する」
「あー!」
「ああ!」

 互いが互いに人差し指を向ける。
 今朝ぶつかったアイツだ。
 まさか同じクラスだったなんて。
 転校初日から、もう最悪。

「なんだお前ら、知り合いだったのか」

 先生が目を丸くする。

「ちょうどいい。君は彼の隣の席に座りなさい」

 ホント最悪。

「ちょっと、教科書見せなさいよ」

 授業が始まって、あたしは奴に声をかける。

「あたしまだ教科書ないの。見せなさいってば」
「知らねえよ。誰がお前なんかに」
「なにあんた、まだ今朝のこと気にしてるわけ? 小さい男ね」
「なんだと!?」
「何よ!」

 先生のメガネが、そこでキラリと光った。

「おーい、お前ら。うるさいぞ。2人とも、廊下に立ってなさい」




 ところが後日、女の子は見ちゃうわけだ。
 土砂降りの中、子猫を拾って帰る彼の背中をね。
 ふうん、アイツ、いいトコもあるんだ。
 みたいな!

「ねえ、めささん。もう電話切りたいんだけど」

 ごめん。
 もうちょっとだけ続けてもいい?

「いいけどさ」

 ところが彼は、クラスのマドンナ、麗子さんのことが好きでね?





「よう、聞いてくれよ!」
「何よ、急に」
「俺、とうとう麗子さんとデートすることになったんだよ!」

 …え…?

 まるで頭を殴られたような衝撃だった。

「あ、そ、そう!? よ、よかった、じゃん…」
「だろう!? でさ、俺、なんかプレゼント買っておこうと思うんだよ。でも何がいいか分からないからさ、お前、一緒に買い物に付き合ってくれねえ?」
「え、いや、あたしは」
「頼むよ。女の子が喜ぶような物、分からないんだ。何がいいんだろうなあ」

 結局断れなくて、アイツは「じゃあ日曜な!」と浮かれながら帰っていった。

 道に落ちていた空き缶を、あたしは蹴飛ばす。

「あーあ~。あたし、何やってんだろ…」

 カコーン。




「ねえねえ」

 なんだよ、これからって時に。

「その話、いつまで続くの?」

 いつまでも。
 取り合えず今日は、卒業式まで。
 あとほんの2時間だけ喋らせて。

「なげーよ! ってゆうかさ、めささんが恋をしたいって話だったんじゃん?」

 うん。

「なんで学生?」

 あ、いっけね。

「あと、めささん、女の子目線なのは何故?」

 あ、いっけね。
 でも、これからだぞ?
 夏休みになって、クラスのみんなと海辺の民宿に泊まりに行くってイベントが発生するんだけどね?

「壁に向かって喋ってて」

 はい。

「じゃあ、そういうことで、お疲れ様でーす」

 はい。
 お疲れ様でした。

 通話を終える。

「ちぇ」

 ここが道路で、もし空き缶があったら蹴飛ばしている。

「彼が夜中にこっそりと部屋を抜け出して、海辺で座ってセンチになるシーンだったのに。もうすぐ女子の名セリフ、『なーに黄昏てんのっ!』のシーンだったのに」

 カコーン。

拍手[4回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
甘い
イチゴオレに練乳を加えるくらい甘い(♪

そしてさらにハチミツを(♪?

とどめに納豆を(ん?


さぁ♪召し上がれ
ルゥ: 2007.03/29(Thu) 22:24 Edit
あんまい
めささん…


あんまいv


あんまいってゆーかべったべたヽ(´▽`)/



でも好き。w
浅倉潤: URL 2007.03/29(Thu) 23:04 Edit
ベタですね-
めささんには彼氏が必要なんじゃないですかッo(^-^)o笑?
りん: 2007.03/29(Thu) 23:36 Edit
その始めに出会うシーンは‥
もちろん走りながらトーストくわえてるんですよね?(笑)
途中雨の中で傘もささずに涙するシーンも同時に希望します。

青春って‥良いなあ。
めささんの文章を読んで私も恋がしたくなりました(笑)
#ム: 2007.03/30(Fri) 00:23 Edit
コテコテなの大好きなんですよ。
 取り合えず、他にも外せないセリフがあるんです。

「ハァ…。なんであんな奴のこと、好きになっちゃったんだろ…」

 最高です。

 あとあと。

「もう。鈍感なんだから」

 ひゃっほう。

 他にも。

「ねえ」
「うん?」
「くすくす。ううん! なんでもないっ!」
「なんだよ、変な奴だな」

 なんか気分が乗ってきました。

「ねえ、目、つぶって?」
「な、なんだよ、急に」
「いいから!」
「え、あ、おう。…つぶったけど…?」
「えいっ!」
「いて!」
「あはは。ばーか。変なこと考えたんでしょ?」
「な、ば…! 考えてなんか…!」

 で、そこで女子からのアレだ。
 えっと、その、分かるでしょ?

 もう書けません。
 すみません。
 赤面どころの騒ぎじゃないです。
めさ: URL 2007.03/30(Fri) 00:40 Edit
素敵な想像力!
ううん妄想力!(笑)
素敵ですめささん、
是非月イチくらいでベタネタラブストーリーが読みたいです!(笑)
ベタネタは苺みたいに甘酸っぱくないといけませんね、勉強になります!
女子より女子の気持ちを理解していらっしゃる。笑
紀伊: 2007.03/30(Fri) 01:20 Edit
さらに別の妄想も。
 他にもアレですね。
 パターンとしては、本屋。
 同じ本に、2人同時に手を伸ばしちゃうの。

「あ、すみません。どうぞ」
「あ、いえ、そんな。そちらこそ、どうぞ」

 互いに譲り合うんだけど、結局は男性が別の本を買って、喫茶店に入るんです。

「あの、お客様」

 本を読んでいると、ウエイトレスに声をかけられるんですね。

「申し訳ございません。店内が込み合ってきましたので、相席になってもよろしいでしょうか?」
「え? ああ、構いませんよ」

 あとはもう、皆さんの読み通りですよ。

「あ、さっきの」
「あ、本屋の時の」

 それでそれで。

「あたし、あの作家さん、大好きなんですよ」
「僕もです。いいですよね。『君だけにジュテーム』とか、もう最高でした」
「あ! それずっと探してるんですよ。どこの本屋にも売ってなくって」
「そうなんですか。あの、よかったら、お貸ししましょうか?」
「え? いいんですか?」
「構いませんよ。ただ、ラスト3ページほど破けているんで、今のうちにそこだけお教えしておきますね。犯人は幸子です。左利きだから」
「もう! なんで今言っちゃうんですかー!」
「ははは、冗談冗談」

 なんか腹立つ。
めさ: URL 2007.03/30(Fri) 10:53 Edit
シリーズ化希望!!
ベタベタなストーリーですけどなぜかドキドキしちゃいました(笑”

是非ともベタベタ恋愛シリーズを書いてほしいですね(≧▽≦)
ミシマスター: 2007.03/30(Fri) 12:39 Edit
無題
めささんの想像力には頭が上がりません(^_^;)
めっちゃベタやのに、「恋って良いなぁ…」と思ってしまいましたwww
ガボ三世: 2007.03/30(Fri) 13:13 Edit
ビバ☆ベタ
いやぁ~甘いッスね~(笑)

是非続きが聞きたいです!!!

ライバルはきっと女子めささんより料理が上手いッスよ!!!
無免許野郎: 2007.03/30(Fri) 14:05 Edit
お久しぶりでございます。
めさ様、実に見事なツンデレでございました。ベタベタで赤面してしまうような展開でも、そのようにスラスラと口頭で物語が出てくるというのはやはり才能でありましょう。今後、より一層の繁栄を草葉の影からお祈り申し上げております。では。
だぶ: 2007.04/03(Tue) 09:31 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]