忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.04.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
April 29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007
September 25

「めささんって、官能小説だけ書いてないですよね」
「え!?」

 ネット上にアップするしないにかかわらず、今まで色んなジャンルの文章を書いてはきたけれど、でも確かに、どエッチな内容には手を出したことがない。
 恥ずかしいからだ。

 どんな顔して書いたらいいのか解らない。

 そもそも俺は、周りがエッチい話を始めた途端、無口な男に早変わりしてしまうほど、純情ぶっているのである。
 それがいきなりお官能な小説などを書いてしまっては、今日まで培ってきた好感度が台無しだ。

「じゃあ、めささんに新しい日記のお題ね? エッチな小説」
「え!?」

 さっきから俺は「え!?」しか言えてない。
 マジで困っているのだ。

 たまに日記で配信している創作物のだいたいは、ちょっとした企画のために、全て他者から出されたお題に沿って考案したものだったりする。
 つまり、今度は官能小説を書かなければいけないというわけだ。

「まさか、めささんともあろうお方が、書けないとでも?」
「ばかじゃん! 書けるさ! 書けるに決まってるじゃんか!」

 あーあ~。
 言っちゃった。

 夜中に1人、ブランコに腰かけたい気分だ。

 どう表現しよう。
 匿名で書こうか。
 それでもなんか、俺のことだ。
 赤面しそう。

 恥ずかしがるなら最初から引き受けるなと、ついさっきの自分をぶってやりたい。

 だいたい、ネット上でアップするのだ。
 小学生の人の目に触れちゃうかもしれない。
 匿名でめっちゃエロく書けたとしても、めさの作品だってどっかからバレちゃうかもしれない。

 いや、恐れていては何も始まらぬ。

 そうだ。
 創意工夫をもって俺らしさを表現してみよう!
 ここぞとばかりに、何でも書けるアピールをしておこう!
 そもそも俺、ウブな坊やって歳じゃないし!

「ようし、やってやる!」
「ホントですか?」
「もちろんさ」

 俺は胸を張る。

「文章ってのは、文字だけで読み手のインスピレーションを刺激するものだろ? 文字には匂いも風景もないし、音も聞こえさせない。それにもかかわらず、情景を浮かべさせる」
「ふむふむ」
「今回は、読み手の想像力に重点を置く。大人が読んだらエッチな感じだけど、子供の人が読んでも意味が解らんような、そんな仕掛けを施す!」
「へえ。どんな風に?」

 こんな風に。



<めくるめくピンクな雰囲気になってください。読むのはそれからです>

 服を着た女の人がいました。
 でも、考えられないような驚愕のシチュエーションがあって、結果的には全裸です。
 何が起こってそうなったかは、各自で想像してください。
 あなたのツボを直撃する状況が好ましいです。

 あと、男の人も近くにいます。
 性的な意味で。
 なんかもう、意欲満々です。
 性的な意味で。

 それでアレです。
 詳しくはいえませんが、男の人がとっても頑張りました。

 イエスッ!

 おちょめちょめと、けっこうしつこく、色々やっておりますよ。
 ひゃおう。
 これは凄い。
 とても口に出せない。
 いや、どこに出すとか、そういうことは置いといて。

 ああッ!
 そないなことまでアレしますか。
 これは作者泣かせです。

 でね、もうね、べらぼうですよ。
 人類繁栄しちゃう。
 詳しくは各自、想像してください。
 この好き者が。

 さてさてと。
 色々ありましたが、男の人は満ち足りた顔して「どないな感じだった?」的な質問をしています。
 女の人は、「まずまずでした」って態度でした。

 おしまい。



 どう?
 興奮ものだべ?
 このスケベ!

「どこがですか、めささん。これ、読み手の想像力に重点を置くっていうより、読み手の想像力に丸投げしちゃってるじゃないですか」

 一生懸命、頑張りました。
 でもこれ、よくね?
 読み手に想像力があればあるほど、完成度が勝手に高まっていくんだぜ?

「想像力がある人なら、こんな文に頼らないで妄想に励みますよ!」

 そうやってすぐに正しいことを言うのは、お前の悪い癖じゃないですか?

「正しくて何が悪い! だいたい、こんな稚拙な文章を読んだのは初めてです!」

 フッ!
 よせよ。

「褒めてねえよ! なんでちょっと誇らしげなんですか!」

 そう怒るなよー。
 だいたい官能小説って、作者自身が興奮するぐらいの作品でないと駄目らしいぜ?
 俺が書いたこんな文章で、俺が熱を上げると思うか?
 なめんなよ?

「うわあ! 自分で書いておいて、全否定~」

 とにかく俺には無理!
 もう書かないからね!
 俺はやる時はやるけど、やらない時は絶対にやらないんだ。

「こんな大人になりたくねえ」

 俺も同感だ。
 どんまいどんまい。

 しっかし、こんなことなら「B'zの稲葉とジャッキー・チェンは不老不死」とか、オリジナル格言集でも書いておくんだったなあ。
 それもでもまあ、どんまい!

拍手[5回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
「ちなみに」のコーナーです。
 ネックレスのことを韓国では「もっこり」と発音するだとか、女友達にドッキリ企画としてアダルトグッズをプレゼントしただとか、そういうことなら書けるんですよね。
 でも、行為そのものの描写はとてもとても…。

 たまにアップする創作物。
 今回のやつも、そんな中の1つとして考えてはみました。
 で、けっこう早く諦めました。
 あはは。
 得手不得手があるものですね。

 次にいただくお題が、得意な分野でありますように。
めさ: URL 2007.09/25(Tue) 01:31 Edit
無題
朝からびっくりでした!笑目が覚めた

めささんかわいい~
べらぼうて....笑
とても3●歳とは思えないです

めささんはそのままでいてください

みなみ: 2007.09/25(Tue) 06:12 Edit
無題
いや、でも、官能小説は立派な文学ですよ?

文字だけでどれだけ興奮させられるか…。

誠にすばらしいことです。
たまご: URL 2007.09/25(Tue) 08:22 Edit
無題
官能小説こそ最高の小説、と言っていた人がいました!
何やら文章だけで起たせられるほどの文章力、書き方、情景の描写などが一番難しいのが官能小説らしいです!
芸熊: 2007.09/25(Tue) 17:08 Edit
きあー
おちょめちょめだなんて…(*`θ´*)きぁーっ!!
でもめささん前おちょめなお店で働いてましたよね…
あたしも芸熊さんと同じことばきいたことあります☆゚+。

いろいろなジャンル頑張ってください(^皿^)
今日は中秋の名月ですね♪月見酒したいです…
たぼ: 2007.09/25(Tue) 19:53 Edit
はじめましてです。
なんだか、めささんの恥じらう様子が伝わってくるような文章で、むしろどきどきしました。
こっちまで恥ずかしくなっちゃいますね(笑)
どる: 2007.09/25(Tue) 20:44 Edit
ハッピーバースデイ♪
 今回の官能小説もどきのリベンジにと、旧サイトの読み物をリメイクしようか考え中です。
 とりあえず、どんな顔して書くのかを先に考えなくちゃ。

 さて。

9/25 蓮美さん、誕生日おめでとう!

9/25 東子さん、誕生日おめでとうございます!

 秋も深まってからスタートを切る新たな1年。
 元気な笑顔で過ごせられますように。

 ハッピーバースデイ!
めさ: URL 2007.09/25(Tue) 22:33 Edit
無題
なんて斬新なアイデアなんだΣ( ̄□ ̄;|||読者の想像に任せるなんて

…………………。

と思ったら自分もやってるわ(;^▽^)ヾははは

今回の創作物も面白かったですよ

また面白いの書いてくださいね(o⌒▽⌒o)
かかちょこりんぐ: 2007.09/27(Thu) 19:27 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]