忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.06.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
June 29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008
July 18
「今日はなんだか、家に帰りたくないなあ」

 意を決した乙女が発するOKサインとしか思えないこの言葉を、俺は最近よく耳にする。
 いや、よく耳にするどころではない。
 1日に1回は必ず聞くし、多い場合だと短時間で3回といった大盤振る舞いだ。

 ところが俺は、毎回決まって1人で帰宅する。

 ここ最近、うちに勝手に住み込んでいる輩がいるのだ。
 そいつには、出来れば人生レベルで会いたくないし、人に会わせるのも嫌だ。

 自宅のセキュリティは確かに甘いけれど、だからって勝手に住み着くか?
 追い出そうにも、怖くて実力行使に出られない。
 逆ギレして戦えば勝てる相手ではあるが、怪我をされても困る。

 先日は敬語になって、恐る恐る提案してみたものだ。

「あの、恐れ入りますが、ここはその、俺の家だったりするんですよね。なので、その、できれば他に行っていただけないかなあ、なんてね! えへへ」

 8本足の同居人は、極限まで腰を低くしている俺を鮮やかにシカトした。

 クモという響きからして既に怖いので、俺はこの虫のことをアイリーンと呼んでいる。

 この文章を綴っている今も、彼女はこの部屋のどこかに存在していて、尻からわけの解らない糸を出しているに決まっているのだ。
 想像するだけで恐ろしい。

 そもそも尻から糸って何だ。
 何で構成されているのだ、その糸は。
 木綿か?

 今回のアイリーンは困ったことに、直径が4センチ程度。
 俺をショック死させるのに充分なサイズだ。

 神様はどうしてこのようなゾイドみたいな生物を創られたのだろうか。
 ちゃぶ台の下で安心して足を伸ばすこともできない。

 アイリーンがうっかり俺の足などに触れてみろ。
 舌噛んで死ぬぞ。
 もしくは爆発する。

 だいたい今、奴はどこに潜伏しているのだ。
 最後に見たのは本棚の裏に、凄まじいスピードで隠れる姿だ。
 何か変なものを産んではいないだろうな。
 怖いので確認はしていない。

 そもそも奴は1人なのか?
 まさか大家族で引っ越してきてはいないだろうな?
 お前は遊牧民か。

 仮に奴が単独ではないとすると、俺が見たのは実は1番下っ端のアイリーンで、もっと巨大な真のアイリーンが他に控えているのではないか。
 勝てる気がしない。

 友人から殺虫剤を使ってはどうかとのアドバイスも受けたが、そんなことをしたら駄目である。
 アイリーンは害虫ではないのだ。
 むしろ害虫を食す、人間の味方なのである。

 それがどうして、あのデザインなのよ。
 UFOキャッチャーに入っていても違和感のない姿に進化していてほしかった。
 マスコットキャラみたいな恰好で、声優さん顔負けの可愛い声を出せるようになっていてほしかった。

「ぼくはアイリーン! 困った虫は、ぼくが食べちゃうからね! 安心して暮らしてね!」

 だったら育ててもいい。

 それが本物のアイリーンときたらどうだ。
 手の平サイズのモンスターではないか。

「我が輩はアイリーン。諸君らが嫌悪する害虫どもは、我が輩が消化液で動きを止め、じわりじわりと喰い尽くしてくれようぞ。頭からもしゃもしゃとな! 安心して暮らすが良い」

 安心なんてできるか。
 まさかこんなにグロテスクなセリフを日記に書く日が来るとは思わなかった。
 お食事中の皆さん、すみません。

 それにしても、この落ち着かない気分はどうだ。
 こうしている今も、アイリーンは可愛くないほうの姿で、俺の背後をちょこまかとしているかも知れないのだ。

 そう考えると、今度は怖くて振り返ることができない。
 こんな家、もう嫌。

 これから仕事で家を後にするけれど、やはり帰ってくるのが億劫になるだろう。
 それで俺は、いつもの言葉を口にするのだ。

「今日はなんだか、家に帰りたくないなあ」

拍手[4回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
茶色のような黒のような……
うちの庭にもいます、大きなクモ&クモの巣。昼間はやっぱりどこにいるか分からないので、戦々恐々です(^_^;)
赤猫: 2008.07/18(Fri) 21:55 Edit
無題
素敵な同居人(同居蜘蛛?)ですね☆笑
末永く仲良く暮らして下さいね♪
さやか: URL 2008.07/18(Fri) 21:57 Edit
Σ( ̄□ ̄;
「アイリーン」って響きがすごい良いですね( ̄▽ ̄)

さすがめささん(笑)

クモは一応益虫ですからね(・∀・)
ノア: 2008.07/18(Fri) 22:00 Edit
本物のアイリーン…
何かめちゃ渋くて格好いいですね(*´ω`*)ウットリ

……確かうちの近所には黄色の糸を噴出する蜘蛛がいたなぁ…普通の蜘蛛よりでかくて、グロテスクな奴なんですょ(´Д`;)
スズチ: 2008.07/18(Fri) 22:51 Edit
無題
アイリーン、私の世界一嫌いな虫ケラです。
なんなんでしょうね、
あの生理的に受け付けない姿形に走り方
気がつけばミニマムなアイリーンがバイクやヘルメットに糸だしまくってるし
お腹が柔らかいという無駄な愛嬌までありやがって
しかもアースジェットは効かないし…!
 
あ、でも泡系の洗剤は効きますよ(ガラス拭き用洗剤とか、カビキラーも多分大丈夫です)
: 2008.07/19(Sat) 00:01 Edit
無題
えーと…つまり、寝てる間に口の中にはいっ・・・(ダマレ)
幽鬼: 2008.07/19(Sat) 00:46 Edit
無題
今のめささんはアイリーンと同棲中・・・・・・ってやっぱり蜘蛛と一緒じゃ落ち着きませんよね( ̄∀ ̄;)
: 2008.07/19(Sat) 00:54 Edit
ウチのベランダにも
アイリーンが・・・
着々と網を広げてるょ(;▽;)

毎日格闘してるねん
めさちゃんもガンバ!!

誰か助けてくれる心優しい人に出会えるといいね!
モエ: 2008.07/19(Sat) 02:15 Edit
我が家には
おそらく、そのアイリーンは糸を吐かないタイプでは?
だとすれば、残念ながら、一族で住み着いている可能性があります
もしかしたら、めしんよりも前から、今の家に住んでいたかも知れません

私は基本的に、如何なるアイリーンであろうと擁護します

小さなアイリーンなら、捕まえて安全な場所に逃がしてあげますし、立派なアイリーンには、道を譲ります

何故なら、アイリーンより凶悪なフォルムのクリーチャーが、我が家に出没するからです

つい先日も、あの『G』が出現しました。天井に

久しぶりに見ましたよ。ヤツの飛行シーンを

更に、正体不明のクリーチャーも現れます
細く長い足が数十本もあり、体は細長くて黒か深緑、全長は4~5センチ

過去に三度遭遇し、辛くも撃退しました

奴らに比べれば、アイリーンは非常に良識派です
♯15: 2008.07/19(Sat) 09:46 Edit
蜘蛛ですか
いいですね、蜘蛛
自分蚊を引き付ける体質なもので、彼らの働きが無ければ今頃どうなっていたか。
それはそうと、今現在自室の天井裏にコウモリが住み着いています。一度どっから侵入したか、部屋の中を元気に飛び回ってました。
蜂も良く出没します。

なんだこの部屋…
: 2008.07/19(Sat) 10:58 Edit
無題
前サイトから三年程ロムラーでしたが初めてコメントします。
アイリーンって確か家の守り神らしいですよ!
ただ昆虫じゃないって所が死ぬ程気持ち悪いですorz
るる: 2008.07/19(Sat) 11:50 Edit
無題
スパイダーマンて映画を観たらアイリーンと仲良くなれますよ

騙されたと思って

ね めささん
ケイ: 2008.07/19(Sat) 23:22 Edit
初コメ
三・四年ロムってましたが、意を決して初コメです

僕はアイリーンはだいたい大丈夫ですけど、Gは絶対ダメですねf^_^;

あと話の初めの方見たらこの話ラムさんのお話かと思っちゃいました
ラムさんのお話も機会があれば是非またお願いしますね
ジブ: 2008.07/20(Sun) 00:11 Edit
久しぶり
ずっとロムっていました。
分かる?「騎士もどき」の親友、K高校のAだよ。
私のmiddlename…アイリネ/アイリーンなの(苦笑)
バースデー、祝って貰えませんか?0717です。

陰ながら応援しています。

airine: 2008.07/20(Sun) 03:17 Edit
無題
うちのアイリーンさんは、いつも脱衣所の壁にビタッてくっついてるのよね…(^_^;)
ミニマムアイリーンさんじゃなくて、完全体のアイリーンさん…
雪城: 2008.07/20(Sun) 06:00 Edit
無題
うわ~めっちゃ読みたくない内容でした
私まで後ろを見れなくなっちゃたじゃないですか
責任とって、部屋にアイリーンがいないか確認してくださいよう
煉化: 2008.07/20(Sun) 22:26 Edit
無題
実はめささんのお知り合いが勝手にアイリーンを解き放ったとか…
へたれ大名: 2008.07/21(Mon) 13:16 Edit
無題
某有名作者の方で『蜘蛛の糸』ってありますよね?

...どうかめささんが地獄に落ちないように...w
けと: 2008.07/21(Mon) 17:47 Edit
無題
いよいよ、今週末、横浜上陸する予定です。

その時はよろしく哀愁
早坂: 2008.07/22(Tue) 05:19 Edit
無題
相変わらず文章の構成がうまいですねw

しかしアイリーンって バロシュ

家のは、ギャバティっていうあの怪奇生物Gがいます この夏になるといつも恐怖で寝れません

しかしアイリーンはこいつらを食ってくれるため友達の家から数匹もらってきたんですがね?

いりますか?
ゆうぞう: 2008.07/23(Wed) 00:35 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]