忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.11.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
November 18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008
September 09

 油断していた。
 まさか温泉で重傷者が出るなんて、予想すらしなかった。
 もし予め解っていたなら、俺は「山の天候と温泉はナメるな」ぐらいの忠告を残しておけたのに。

 俺的に、やはり外せないのは温泉だった。
 今回の宿泊先はネットで調べたのだが、条件検索でしっかり「温泉」と付け加えていたほどだ。

 大好きな温泉。
 そこはしかも、露天風呂だった。
 サウナまである。
 なんかもう、幸せすぎる。

 俺はウキウキと服を脱ぎ捨て、湯船に浸かって景色を眺めたり、サウナで汗をかいたりと、夏の温泉を堪能しまくった。

 その頃。
 俺から離れた場所にいた、とある男子。
 彼は睡眠不足でも祟ったのか、のぼせて意識を失い、前のめりに倒れる。
 その際、床に顎を強打してしまった。

 そんなことは露知らず、俺はサウナでかいた汗をシャワーで流そうとしていた。

「めささん!」

 脱衣所からこちらに顔を出している男子は、焦りの色を隠していない。

「ん? どうしたの?」
「それが、つい今、K君が倒れたんです」
「マジで!?」
「はい。それで、顎を打ったらしくて、切っちゃってるんですよ」
「なあんだ」

 俺は、何故か怪我に強い。
 自分が負傷しても、他人の傷口を見ても、滅多なことでは動じない。
 この時もしたがって、俺は大したことはないだろうと高をくくり、軽い気持ちで様子を見に行っていた。

 怪我人である男子は脱衣所のベンチに腰を下ろしていて、タオルで顎を押さえている。

「どれ、見せてみ?」

 下から顎を覗き込む。

「うわ。思ったより酷え。こりゃ病院だな」

 出血はさほどないが、バンソウコウでどうにかなるレベルではなかった。
 ちょっと痛々しいので細かい描写は避けるが、軽く重症だ。

 温泉の係員らしき男性が、おろおろと気を遣う。

「彼、横にしたほうがいいでしょうか?」

 俺はそれを制した。

「座ったままの体勢のほうがいいかも知れません。このままだと、心臓より上に患部がある格好になりますから」
「そうですよね。今、別の者が救急隊を呼んでいますから」
「そりゃ助かります。ありがとうございます」

 数分後には俺も服を着て、彼の様子を見守っていた。

 結果から先に書けば、彼は病院で治療を受けたものの、傷の具合は入院するほどではなかった。
 でも当時はそんなこと判らないし、なんせ顎だ。
 打った時に強く噛み合わせる形になったのだろう。
 奥歯が痛むという。
 倒れた際に生じた衝撃は脳にまで達しているであろう。

 俺はお風呂上りの牛乳を我慢した。

 不意に、ポケットの中で携帯電話が鳴る。
 女子からだ。

「もしもし?」
「あ、めささん? あのね?」
「うん?」
「女の子たち、やっぱり遅くなると思うの」
「そうだろうねー」
「だから、もしアレだったら、先に行っててもいいから」
「大丈夫、みんなで外で待ってるよ」

 悲しいお知らせがあるからな。
 とは言わなかった。
 ここで報告してしまったら、彼女たちのことだ。
 温泉を堪能するどころではなくなってしまうだろう。
 心配すれば治るというわけでもないし、あえて知らせずにおく。

 やがて、救急隊が到着。
 怪我した男子をストレッチャーに乗せる。

 彼の足元はおぼつかなかった。
 やはりダメージが脳に及んでいるのだろう。

 救急隊員の方が、「お名前は?」と男子に訊ねる。
 すると彼は、

「大丈夫です!」

 全く関係ないことを答えた。

 判りやすく錯乱していらっしゃる。

 一方、女湯。

「露天風呂、いいねー」
「ホントだよねー。あ!」
「何?」
「木と木の間、今モモンガが飛んでいった!」
「ホント!? どこどこ!?」
「あっちあっち!」
「きゃー!」

 楽しんでもらえたようで何よりである。

 場面を男湯の脱衣所に戻す。

 ストレッチャーで移動する際、彼の呂律は意外としっかりとしていた。

「余裕っす。全然余裕っすよ」

 何が余裕なのか全然解らなかったが、それだけしっかり喋れれば大丈夫であろう。
 わずかながら、安堵した。

 付き添いの男子と共に、怪我人は救急車で運ばれていった。

 さて、次だ。
 風呂から出てきた女子たちに、どう報告しよう。
 どう知らせれば、彼女たちの心配を少なくできるだろうか。

「いやあ、さっきね? 彼、風呂場でコケてさあ。あっはっは! ちょいと顎をぶつけたみたい。今頃、CTスキャンでも撮ってんじゃない? がはははは!」

 軽すぎる。

「みんな、ちょっと円になって座ってくれ。実はさっき、彼が浴室で倒れた。その際に顎を強打して、意識はあるが間違いなく重症だ。救急車を呼ぶといった騒ぎにも発展した。顎の傷はもの凄いことになっているし、見えない箇所にも大ダメージを受けているだろう。彼が帰ってくることを、みんな祈っていてくれ。報告は以上だ。じゃあ、気持ちを切り替えて、みんなでバーベキューを楽しもうぜ!」

 楽しめるか!

 じゃあ、なんて伝えようかなあ。

 一方、救急車内。

 誰からも、何も訊かれていないのに、怪我人はずっと喋り続けていた。

「余裕っす! 超余裕っすよ! 全然余裕っす!」

 何度もしつこい。
 彼は、やはり錯乱していた。

「なんか、ホントすんません」

 友のウザさを救急隊員に詫びる、付添い人。

「余裕っす。余裕っす。全然余裕っすよ」

 尚もうるさい怪我人。
 なんで救急隊員のお友達みたいな感じを出すのだ。

 あと、大丈夫じゃない人ほど大丈夫って言うのは何故?

 さて。
 結局女子たちには、涼しい顔を意識し、ありのままを伝えることにした。

「俺も傷を見たけど、軽い重症だったよ」
「それって、例えばめささんだったら、病院に行ってます?」
「ありゃ俺でも病院に行ってるなあ」
「じゃあ、ホントに深いんだ」

 納得のされ方に納得がいかなかった。

 川辺では、付添い人と怪我人の分も食事を用意しておいた。
 随時、付き添いの彼と連絡を取り合う。
 しばらくすれば戻れるとのことだ。

 やがて、

「いやあ、迷惑かけて、すみません」
「いやいや、怪我で済んで何よりだよ」

 とにかく命に別状がなくてよかった。
 さすがに酒は飲ませられないが、会話ぐらいは楽しめるであろう。

 それにしても、今回のキャンプときたら、川に流された奴が3人、重傷者1人、キュン死に者多数。
 安全度が低すぎだ。

 これからは「死ぬな」以外に、もっと細かく注意事項を言っておかなくちゃ。

拍手[1回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
いやぁ…このキャンプで無事だったの一人だけぢゃないですか(´・ω・`)

気をつけて下さいね~
ぽち: 2008.09/09(Tue) 20:07 Edit
無題
俺も以前ボーリング場で顎切りました!!

ボーリングで出血したの、初めてでした。
へたれ大名: 2008.09/09(Tue) 23:31 Edit
無題
僕はボーリング場で鼻血だしました
: 2008.09/10(Wed) 02:09 Edit
危険(^-^;
俺の友達は温泉ではしゃぎすぎて、頭打ちましたよ(^-^;

大怪我はしなかったので、よかったですけど(・∀・)

めささんもお気をつけて下さいm(_ _)m

油断は禁物です♪
ノア: 2008.09/10(Wed) 19:39 Edit
湯けむり事件
ドキッ★ケガ人だらけの温泉旅行★

だったワケなのですね。
多少のハプニングは恋のスパイスですけど
救急車はオオゴトですね、無事で何よりでした。
ひろぽん: URL 2008.09/10(Wed) 23:26 Edit
私は温泉で溺れましたよ?
温泉って危険ですよ?

私は箱根の露天風呂(真っ暗)で、足を踏み外した挙げ句、予想だにしない、大人の肩までの深さで溺れ、足を切り、血まみれでしたけど…(ノ△T)


自分に何が起きたか分からないけど、取り敢えず、回りにいたお客さんに謝っておきました


仲間かなあ…?
スイレイ: 2008.09/11(Thu) 15:26 Edit
みんな意外と温泉で出血してる…!?
こんにちはー。
最近読者になって、過去ログのも今頑張って読んでいます。
でも今までは心の中だけでコメントしてたので、これが初コメです(笑)

私の妹も露天風呂で転んでお尻切ってました。
私は爆笑して酸欠になって、本当危険でしたよ。
次回から気を付けてくださいねー
shin: URL 2008.09/11(Thu) 18:33 Edit
無題
ちわーすッ(´∀`)g
めささんも旅行行ってたんですね☆
全員生きてたコトが素晴らしい!!`ω´笑

私も今時分、沖縄から帰宅しましたッ´∇`
座間味ブルー最高でしたょ!!\(≧▽≦)丿
めささんもいつか愛する人と行ってみて下さいねッ☆

マッキィ: 2008.09/12(Fri) 01:36 Edit
私は寿司屋で鼻血を出しました
エトル: 2008.09/14(Sun) 11:54 Edit
ハッピーバースデイ♪
 毎度のことながら、当日にお祝いしてあげられなくって、本当にすみません。
 気を取り直して、一挙まとめてという形ではありますが、心よりお祝いさせていただきますね。

9/9 親愛なるバー「イージーバレル」、13周年おめでとうございます!

9/11 森(むー)さん、誕生日おめでとうございます!

9/13 かやきくん、誕生日おめでとう!

9/13 ユッケさん、誕生日おめでとうございます!

9/13 茨城のKちゃん、誕生日おめでとう!

9/14 五味 佑樹さん、誕生日おめでとうございます!

9/16 華さん、誕生日おめでとうございます!

9/17 はるさん、誕生日おめでとうございます!

9/18 太刀華 透さんのお兄さん、誕生日おめでとうございます!

9/18 有希さん、誕生日おめでとうございます!

9/18 幸さん、誕生日おめでとうございます!

 産声を上げて、もう何年になるんでしょうね。
 日々、素敵になられていることだろうと思います。
 今後も、さらに素晴らしい日々を送って、ガンガン素敵になっちゃってくださいね。

 お誕生日、本当におめでとうございます!
めさ: URL 2008.09/18(Thu) 17:54 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]