忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.09.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
September 23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
August 15
 あれはいつだったでしょうか。
 以前、友人たちと海に行った帰りに、ある町によりました。
 小腹がすいたので、ラーメンでも食べていこう、というわけです。

 適当に見つけて入ったそのラーメン屋はとても規模が小さく、10人もお客さんが入れそうもありません。

「誰もいねえな」

 お客さんもいなければ、どういうわけか店の人間までもが不在。
 奥にあると思われる厨房にも、人の気配がありませんでした。
 一応「すみませーん!」とか「ごめんくださーい!」とかって声はかけたんですよ。
 でも、いない者が返事を返せないのも道理。

 俺達は諦めて店を出ました。
 すると、遠くから走りよってくる人影が。
 中年の男性です。

「ごめーん! 散歩してた!」

 お前か店長は!
 暖簾(のれん)を出したまま、散歩するか普通!?

 俺たちは、このおっさんが気に入ってしまいました。
 再び店内へ。
 皆、それぞれが好きなように注文をし、おやじさんは早速ラーメンを作りにかかりました。

 ラーメンを作りながら、おやじさんは笑顔を見せます。

「うちのラーメンはね、世界一ウマいよ! なんせ水が最高だから!」

 話好きらしいおやじさんは、頼まれてもいないのにラーメンのレクチャーを始めてくれました。

 それによると、このお店ではマジで素晴らしい浄水機を使用しているので、それによって水が澄んで、ラーメンが美味しくなるのだとか。

「水が世界一だから、その水で作るラーメンも世界一美味いんだ」

 どうやら、俺たちがたまたま入ったラーメン屋は、なんと世界一のラーメン屋だったみたいです。
 凄い。

 もう晩飯時だというのに、客は俺たちしかいない世界一のラーメン屋。
 凄い。

 そして、世界一のラーメンの作り手であるこのおやじさんは、営業中に散歩をするという異例の快挙を成し遂げている。
 凄い。

 俺たちはワクワクしまがら待ちました。
 世界一のラーメンを。

 完成した世界一のラーメン。
 観察してみると、スープの色が薄く、水を大切にしているのが解ります。

 では、いただきまーす!

 ところが、おやじさんが急に叫びました。

「ちょっと待って!!」

 なんだろ?

 おやじさんに目をやる俺たち。

 おやじさんはニカッと爽やかに笑います。

「ごめんごめん! 味、入れ忘れてた!」

 味を入れ忘れた?
 どういうこと?
 俺の聞き間違い?

注・ここから先の話は非常にショッキングな内容になります。
 覚悟はよろしいでしょうか?

 おやじさんは俺たちのドンブリを一旦下げると、普通の態度で粉末のスープを入れました。
 どう見てもインスタントラーメンか何かの粉です。

 世界一の秘密は水じゃなくって、粉じゃん!

 おやじさんはドンブリを俺たちに返すと、とどめを刺さんばかりの一言を放ちます。

「よく混ぜてねー!」

 まさかのセルフサービス!

 色んな意味でお腹一杯になりました。

 でも不思議なことに、味は良かったです。
 何の粉だろ、あれ。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
旧サイトでの懐かしい記事がいっぱいですねー!久しぶりに読んで爆笑してしまいました(*´艸`)
亜芽梨: 2009.08/15(Sat) 18:55 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]