忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.09.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
September 26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
August 15
 何やら恐ろしげなタイトルですが、内容はちっとも怖くないのでご安心を。
 高校時代のお話です。

 俺たち空手道部は日曜の午後、電車の中でずっと談笑に熱を上げていました。
 試合の帰りだったので張り詰めていた空気も緩和され、くつろぎモードです。

 車内はガラガラに空いていて、俺たちは全員着席する事に成功していました。
 少し広めに感じるその車両には、俺たちの他は中年の男性が1人。

「おい。妬むなよ」

 突然、その男性が言い放ちました。
 しかも何故か真っ直ぐ俺に向かって。
 俺は聞き間違えたのかと思い、「え?」と訊くと、そのおっさんは「妬むなよ」と親切にリピートしてくださいました。
 聞き間違いではないようです。
 嫌すぎる。
 しかもこのおっさん、主語がありません。

 笑いのあった風景は、一瞬で凍りつきました。
 おっさんはもう1度、

「妬むなよ」

 すっかりお馴染みになったフレーズを口にします。

 なんで変な人って、いつも俺に声をかけてくださるのでしょうか。

 おっさんは立ち上がり、再び口を開きました。

「俺は妬まれてる。社会が俺を妬んでるんだ」

 おじ様?
 言ってることの規模がもの凄く大きいです。
 何にせよ、俺だけを見て言うのはやめていただけませんでしょうか。
 他にも部員がいっぱいいるじゃないですか。
 彼らにも是非。

 おっさんはそんな俺からのテレパシーを見事に全て受信しないと、再びイスに腰かけました。
 さっき立ち上がったのは何のためだったのでしょうか。

 しかし1つ気になったことが。
 このおっさん、片足を引きずっているのです。
 怪我をしているのは明白でした。

 おっさんは痛めていると思われる自分の右足を示し、また俺を見ます。

「コレはな、さっき社会の怨念にやられたんだ」

 マジで!?
 そんな抽象的な相手に、よくここまで物理的にやられたもんです。
 いいから早く病院に行きなさい。
 2つの意味でな。
 あと、そろそろ矛先を俺以外の人に向けてみませんか?
 次の駅で降りたいとか思いません? 

「俺は戦ってるんだよ、社会の怨念と!」

 俺のテレパシーはまたしても綺麗にシカトされていました。

 この辺りから空手部員の何割かは、必死に笑いをこらえている様子。
 こいつらが何を面白がっているか、俺には手に取るように解ります。

「なんて強大な敵と戦ってるんだ、このオヤジー!」
「俺、初めて見たよ。こんな不思議な絡み方!」
「駄目だ! たまらん!」
「打倒、社会の怨念!」
「めさにもっと絡め!」

 仲間達からの熱い応援に、おっさんは応えます。

「社会が俺を妬むから、俺はさっき、社会の怨念と戦ったんだ!」

 さっき、戦った?
 具体的に、何とどうやって戦ったのさ!?

 おっさんは足をかばいながら、再び立ち上がりました。

「俺が町を歩いていたら、車が急に来た! 俺はその車とぶつかったんだ!」

 車に轢かれただけじゃねえか!
 怨念、まさかの無関係!
 電車じゃなくて救急車に乗ってくれ。
 あとあなた、誰とも戦えてないです。
 一方的に轢かれただけです。

「俺は弾き飛ばされた! こういう風に!」

 痛い足で無理して座席にダイブするおっさん。

 誰かこの人を止めてくれ。
 そろそろ俺も限界みたいだ。
 笑いたい。
 何もかも忘れて大声で笑いたい!

 素直に「車に轢かれた」と言わないこのおっさんは、その後も延々と社会の怨念について語り、とある駅であっさりと降りてしまいました。

「お前も気をつけるんだぞ!」

 彼は最後に、そう言い残してくださいました。

 はい、車には気を付けます。

 おっさん、あれから足の具合はいかがですか?
 社会の怨念とはまだ戦っているのでしょうか?
 あなたが電車を降りたあと、みんなで心配していたんですよ。

「あの調子だと、また別の車に轢かれてそうじゃねえか?」

 皆さんも、車には充分気をつけてくださいね。
 もしかしたらそれは、社会の怨念かも知れません。

拍手[4回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL
[268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]