忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.09.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
September 20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008
January 14
「このままだと危険物と同じ扱いだからね、こいつらをただの空き缶に変えてやらなきゃならない。やってみて」

 めささんに押し付けられた仕事は、スプレー缶の処理だった。
 先の尖ったハンマーでスプレー缶を打ち、中のガスや液体を抜くという作業だ。

「慣れないうちは力加減が難しいだろうけど、たくさんやれば技術はすぐに身につくよ」

 言い残し、めささんはどっかに行ってしまった。
 さり気ない丸投げだ。

 僕はバケツの中に液体が溜まるよう、スプレー缶を下方に向け、ハンマーを打ちつける。
 缶に穴が開いて、「ぶっしゅー!」と派手に中身が炸裂した。
 人工的な色をした液体が、バケツ目がけてほとばしる。

 数あるスプレー缶の全てに、これをやればいいわけか。
 楽勝じゃないか。

 僕は次々とスプレー缶に穴を開け、色とりどりの液体をバケツにぶっ放す。

 ぶっしゅー!

 いえーい。
 快感だ。

「デフ君ーッ! 何やってんだ! お前は完全無欠のばかですか?」

 めささんに、いきなり怒鳴られる。

「中身が色んなとこに飛び散ってるじゃん! 会社が汚れるだろ!? 気持ち良さそうに『ぶっしゅー』って、お前は動脈か!」

 よく解らない比喩を放ちながら、めささんが駆け寄ってきた。

「液体は1滴たりとも、バケツからはみ出させちゃ駄目だっつーの! 貸してみ!」

 僕からハンマーを奪うと、めささんはまだ中身を抜いていないスプレー缶を手にする。

「こうやるんだ。力を入れすぎず、手首のスナップをこう、ピッと利かせて」

 めささんはスプレー缶を持ったまま構え、ハンマーの素振りを見せている。

「実際やるから、よく見てなよ?」

 そう言ってめささんは、手馴れた雰囲気で尖ったハンマーを鋭く振るい、自分の手を強打した。

 がん!

「ぐあ!」

 もの凄い見本だ。
 よく見ろと言うから素直に見ていたら、この男は自分の左手を自然に打った。
 これをやれと言うのか、僕に。
 やんわりとした自爆テロじゃないか。

 めささんの指からは、当たり前だけど血が出てる。
 一方、スプレー缶は無傷だ。
 自分の液体を抜いてどうする。

「えへへ、どんまい」

 流血しながら照れる人間を見るのは初めてだ。

「今の俺、ペナルティ1ね。もう1回」

 この人、怪我したのに、なんで平然としていられるのだろうか。

 不思議そうな面持ちで見守っていると、めささんの2撃目は成功だった。
 缶は「しゃー」と静かな勢いで、中身を噴出している。

 そんなことよりも僕は、めささんが血をポタポタ垂らしていることのほうが気にかかる。

「ってゆうか、大丈夫ですか、めささん!」
「ん? 平気。とにかく穴開けの前提はね、中身を飛び散らして周囲を汚さないことだ。以後、絶対に汚さないように!」

 自分の血で周囲を汚している奴に言われたくない。

「じゃあ俺行くけど、デフ君、くれぐれも気をつけてね」

 お前が気をつけろ。
 めささんのせいで、会社の一角は今、殺人現場のような装丁だ。
 これは間違いなく、ルミノール反応が出る。

「おーい! デフくーん!」

 なんか、めささんが嬉しそうに戻ってきた。

「見て。もう血が止まったよ」

 心の底からどうでもよかった。

 しかし驚くべきことに、めささんは一切の治療をせず、自力で止血を完成させているではないか。
 なんなんだよ、こいつは。
 バンソウコウぐらい使えよ。

 もちろん僕はドン引きだ。

「デフ君、ちょっと聞いてくれる?」

 めささんの無駄指導は、まだ続くらしい。

「怪我をした場合、消毒は唾液で充分だと思わない? あとは傷を心臓より高い位置にキープして、呼吸を整えるんだ。そうすれば心拍数とかがどうにかなって、何故か血が止まる。人体の神秘じゃね?」

 仕事を教えてください、めささん。

 溜め息が出る。

 これが正しいやり方だとばかりに自分の手を打ち、会社を汚すなと僕を叱ったそばから会社を血だらけにしためささん。
 もっと普通の先輩がほしい。

拍手[2回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
めさ先輩指大丈夫ですか!?
怪我には気をつけてくださいね;
それにしても…1分で自力で止血するめささんって一体…笑
さやか: URL 2008.01/14(Mon) 01:08 Edit
ハッピーバースデイ♪
1/14 SASSYさーん! 誕生日おめでとうございます!

1/14 よっちー! 誕生日おめでとう!

 冬本番の最中、気持ちの暖かい特別な日。
 本当に今日はおめでとう!
 ますます素敵な1年になりますように。
めさ: URL 2008.01/14(Mon) 01:18 Edit
スゴい…
回復力ですね…。


それよりも怪我までの課程がまるでコントのようで面白いです。


めささん、唾には麻酔効果はありますが消毒効果はありませんよ。

まあめささんの回復力の前では関係ないと思いますが…。
おっくん: 2008.01/14(Mon) 08:42 Edit
無題
血止まるのはえーなー!大丈夫だったんすかホント?
しかし会社汚すなって後輩に言っておいて自分の血で…同類じゃねーか(笑)


最初デフがデブに見えた俺はとても失礼なんだろうな…
びぶら: URL 2008.01/14(Mon) 09:53 Edit
ぎゃーo(><;)(;><)o
めささん大丈夫ですか!?大丈夫なんですよね。むしろ聞いたこっちが痛いです(´□`。)
唾液には雑菌がたくさんいるから舐めちゃダメってゆわれたことがあるような…(-"-;)知らないけど(^^)
めささんの体には関係ないですね!!笑
たぼ: 2008.01/14(Mon) 11:48 Edit
かわいいです。
食べちゃいたいくらいに可愛いです、めささん♡

ペロッとイケそうです。
妖怪大好きっ子: 2008.01/14(Mon) 14:43 Edit
無題
私も仕事柄、たま~に指を切ったりするのですが、すぐに血が止まります。
ていうか切った直後に傷口を強く吸えば傷口くっつくんですが、わたくしの体はおかしいでしょうか?(笑)
にせもの: 2008.01/15(Tue) 00:53 Edit
お気を付けて
自分が流血するより、他人が流血してるのを見る方が痛い気がするのは私だけでしょうか?

それはともかく、傷からばい菌が入ると大変な事になるので気をつけてください

♯15: 2008.01/16(Wed) 14:25 Edit
ハッピーバースデイ♪
 自分の傷は平気なんだけど、人のを見ると痛そうに思えちゃうんですよね。
 怪我なんて、俺だけすればいい。
 いや、やっぱ嫌や。

 さてさて。
 本日のお祝いです。

1/16 はにさん、誕生日おめでとうございます!

1/16 ハチさん、誕生日おめでとうございます!

1/16 ψHoneyψさん、誕生日おめでとうございます!

 たくさん笑えるように、俺ももっと精進します。
 前以上に楽しい1年になりますように。
 ハッピーバースデイ!
めさ: URL 2008.01/16(Wed) 23:20 Edit
すみません、私もデブ君に見えました。
めささんがサラッと「デブ君」と呼んでいるのかと最初びっくりしました'ω';
お大事にっ!
: 2008.01/18(Fri) 18:53 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]