忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.09.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
September 20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008
February 14

 凧揚げだったらやってもいい。
 最初にそう言い出したのはチーフだ。
 お正月に遊んでほしくて「構って構って」と駄々をこねたところ、返されたセリフがそれだった。

「たたた、凧揚げ!?」

 隣に座っていたスー君が驚いて、体をぶるぶると震わせた。
 絵に描いたかのようなびっくり具合だ。
 チーフは普段からクールな印象なので、まさか少年心満載に「凧揚げ」とくるとは思わなかったのだろう。
 だからってリアクションが大きすぎだ。

「この歳で凧揚げやったら、逆に面白いと思うんだよ」

 そんなチーフの意見に、俺は瞳を輝かせる。

「やろう! 正月は凧揚げだー!」

 で、何故か2月になった。
 二日酔いだったりテンションが上がらなかったりで、延期になりまくったのだ。

 一応、俺にもチーフにも、やる気だけはあった。
 それは一緒に行くことになったスー君にしても同様だった。

 スー君は姪っ子から凧を貰ってくれていたし、俺も繋ぎ足す用のヒモを大量に準備していた。
 特に、言いだしっぺのチーフが素晴らしかった。
 彼はわざわざ東急ハンズまで足を運び、凧の売り場を訪ねると、そんな物は販売されていないと思い知らされた。
 チーフは結局、壁などに飾る用の和凧を購入したのだそうだ。
 飛ぶのだろうか。

「俺が買った和凧には凧糸が付いてない。めさが用意したヒモと組み合わせて使おう」
「了解!」

 俺が用意したのは凧糸というより、断然に重い作業用の麻紐である。
 そのことだけは当日までの内緒だ。
 でないとまた怒られる。

 そうこうしているうちに、2月の13日。
 起きて俺はチーフに電話を入れた。

 前もって「今日こそは」と決めてあったのだ。
 どんなに二日酔いであろうと、何があっても絶対に、次回こそは凧を上げよう!
 例え風邪で熱が出てしまったとしても、必ず!
 でも雨が降ったら延期ね?

 男らしいのか軟弱なのかよく判らない意思表示も、前日からしてあった。

「もしもし、チーフ? 起きた?」
「なあ、めさ。相談なんだけど、今日はやめないか?」
「駄目! 絶対やるのー!」
「二日酔いが酷いよ」
「やだ! 絶対に凧上げる!」
「だいたい凧揚げって、企画からして良くないよ」
「チーフが言い出したんじゃん! とにかく公園に現地集合ね! 早く来てね!」

 かくして俺は何度も「早くに集合しよう」とチーフに念を押した。
 にもかかわらず、遅刻をしやがった。

 ちなみに、遅刻をしたのは俺とスー君だ。

 だだっ広い公園のベンチで、チーフが寒そうにタバコを吸っている。

「ごめんちょ。待った?」
「おう」

 チーフの足元には、予想より遥かに大きな四角い凧が横たわっていた。
 なんとなく、親愛なるバーの店主を思い出す。

 イージーバレルのマスターは何気に凧揚げの達人で、いつかチーフにアドバイスをしていた。

「和凧は宙でクルクル回っちゃうから、足を2本ぐらい付けておくといいよ」

 ここでいう「足」とは、帯状に切り取った紙のことだ。
 これが凧の下方に付いていると、とっても安定した飛びっぷりを見せてくれるのだという。

 チーフの凧に目をやる。
 アドバイスの通り、いい感じにバランスが取れそうな新聞紙の足が2本、しっかりと装着されていた。

「俺、二日酔いの状態で、起きて5分で工作したのは初めてだ」

 1人黙々と新聞紙にハサミを入れていた33歳。
 お疲れ様です。

 さて。
 公園の、さらに開けたエリアに俺たちは移動する。

「ここでいっか?」
「だねー」

 そこはたまたま、俺の思い出の場所だった。
 数年前に、空手のライバルと決着をつけようと派手に決闘をした場所だ。
 そんな昔話を、チーフに話す。

「こんな人目の多いとこでやったのか。聖戦だな」
「うん。なんかね? ハルマゲドン! って感じだった」

 RPGのような会話をしつつ、まずは和凧に糸、というか、ヒモを取り付ける作業に入る。

「めさ、それは凧糸じゃねえ」
「風の力を信じようよ。なんだかんだいっても、結局は飛ぶって。飛ぶ飛ぶ」
「飛んでんのはお前の頭だ」

 その瞬間、信じられない出来事が発生する。

 そばを歩いていた犬が、いきなり猛ダッシュで駆け寄ってきて、地面に置いていた凧を全力で踏みつけた。
 中型犬による、まさかのサプライズだ。

 犬はかなりのハイテンションで、無駄に絶好調だった。
 俊敏なフットワークで、凧にガンガン蹴りをくれている。
 俺たちに何か恨みでもあるのだろうか。

 犬に言葉が喋れたら、奴は間違いなくこう言っていたはずだ。

「ぜってー飛ばさせねーよ!? 上げるなっつーの! マーキングすっぞコラァ!」

 こんなに酷い仕打ちは初めてだ。

 やんわり撫でて、犬を凧じゃない土地に誘導しようと試みる。
 俺やスー君が手を伸ばすと、犬はそれを素早くよけた。
 どうやら犬は、構ってほしいのではなく、あくまで凧を攻撃したいだけらしい。

 一瞬だけ逃げた犬は、驚くべきスピードで再び凧に飛び乗った。

「どうしても凧を飛ばすというのなら、俺を殺してからにしろ!」

 とんでもない気迫の犬である。

「凧揚げだけは絶対に許さねえ! これでもか! これでもか! ひゃっほーう!」

 人の凧の上で、この犬は実に楽しそうだ。

「ぜってー阻止してやる! たとえこの命に代えてもな!」

 決死の覚悟をもった勇敢な中型犬。

「どかせるものなら、どかせてみな!」

 しかし犬は、飼い主さんに怒られ、どっかに連れ去られてしまった。

「と、とにかく、上げようか」
「そうだな」

 チーフにスー君に俺。
 誰もが30代だ。

 寒空の下、大の大人たちによる凧揚げが始まろうとしている。

「ヒモの取り付け、OK!」
「よし、めさ、走れ!」
「うい!」
「フランス語で返事をするな」

 チーフに凧を構えてもらい、俺はヒモを手に、一気に走り出す。

 後編に続く。

拍手[3回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ハッピーバースデイ♪
2/14 やなさん、誕生日おめでとうございます!

2/14 さもダーリンさん、誕生日おめでとうございます!

2/14 魔王さん、誕生日おめでとうございます!

 バレンタインとは違う意味のスペシャルデイですね。
 新たな歳の封切。
 ますます笑顔が増える1年になりますように。

 やなさん、さもダーリンさん、魔王さん、ハッピーバースデイ!
めさ: URL 2008.02/14(Thu) 02:11 Edit
初コメです

一言一言が面白ぃ(>ω<)♪
後半も楽しみにしてます!!
モエ: 2008.02/14(Thu) 02:58 Edit
じらしプレイですか!?
あ~ん、後半が気になって仕方ない!
はやくぅ~!
エンキヨ: 2008.02/14(Thu) 11:05 Edit
なんか
何しようとしてもネタがかむのはうらやましいアビリティだと思うのは人として駄目でしょうか
: 2008.02/14(Thu) 17:05 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]