忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.09.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
September 20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
February 03

 それは「続・永遠の抱擁が始まる」を書いている途中のことで、確か5話だか6話ぐらいまで話が進んでいた時期だったと思う。
 女友達が2人で、うちに遊びにきた。

 お酒を作り、それぞれにグラスを渡す。

「じゃあガールズトークしようぜ!」

 自分の性別を忘れたかのように、俺は目を輝かせていた。

 2名の女子はというと、なかなかどうして辛辣だ。

「うちら勝手に喋ってるから、めさは永遠の抱擁の続き書いてていいよ」
「早く書け。今書け」

 なんで俺の家なのに、俺は話に混ぜてもらえないのだろうか。
 小説の続きを楽しみにしてくれるのはありがたいが、少しは労わってほしいものである。

「もうあったまきた!」

 俺はパソコンに向かう。

「男女が食事してるレストランに隕石を落として話を終わらせてやる!」

 作者、まさかの暴挙に出る。
 例のレストランか俺の自宅に隕石が降れば、確かにあの話は続かない。
 我ながらとんでもない人質を思いついたものである。

「そんなの嫌だけど」

 友人は迷いを露にする。

「それはそれで読んでみたいかも」
「じゃあ、いつか強制終了バージョンも書いてみようかな」

 夢もへったくれもない悪い冗談みたいなことにしかならないんだろうなあ。
 なんてことを俺は考えた。

------------------------------

 小出しに運ばれてくるいくつもの料理に舌鼓を打つ。

 キャンドルに灯った小さな炎がわずかになびき、それがあたしには喜びに震えているように見えた。
 このような錯覚を起こすあたり、自分は単純なのだろう。

「展開からしてさ」

 テーブルの上に指を組んで、あたしはそこに顎を乗せる。

「まだ続くんでしょ? その話」

 ワインで少し頬を赤くしながら、彼は頷く。

「もちろん」 

 次の瞬間、夜空全体が光を放ったように、あたしには見えた。
 凄まじい爆発音と同時に店内の照明が消え、瞬時に建物が大きく揺れる。

 他の客たちの慌てる声が耳に入ってくる。

「地震!?」
「いや、隕石だ!」

 なんでこのタイミングで隕石?
 どこに落ちたのだろうか。

「逃げたほうが良さそうだ」

 彼の目線を追うと、倒れたキャンドルが早くもテーブルクロスを焦がしている。

「ねえ、話の続きは?」
「そんなのあとだ!」

 逃げ惑う人々の列に、あたしたちも混じる。

------------------------------

 なんかもう、書きたくないんですけど。
 そう告げると、友人らは勝手に盛り上がっている。

「で、ビルが倒壊してさ、永遠の抱擁が始まる」
「あはははは!」

 ブラックすぎるだろ、それは。
 最悪な後味じゃないか。

「まあ冗談は置いといてさ、早くちゃんとした続き書いてよ。あたしら飲んでるから」
「早く書け。今書け」

 ここが俺の家でなかったら「もう帰る!」といじけてしまうところである。

「もうあったまきた!」

 俺はパソコンに向かう。

「男女が食事してるレストランに隕石を落として話を終わらせてやる!」

 今にして心から思う。
 早まらなくて、本当によかった。

拍手[4回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ちょっと読んでみたい。
「もうだめ。逃げられないわ」「なに言ってんだ。二人で生き延びるんだ」「…二人じゃないの。三人よ」みたいな感じ?
sun: 2009.02/03(Tue) 22:45 Edit
お願いします。
隕石の話を読んでみたいです。ちょっとばかり早まってみてください。
ひよこ: 2009.02/04(Wed) 04:00 Edit
無題
ひよこさんに賛成です。

ここはうっかり手が滑って,早まっちゃったほうがいいと思います!
ガチャピン@みずほ: 2009.02/04(Wed) 04:27 Edit
私もお願いします。
上のお二人に賛成です。
早まっちゃったバージョン、読んでみたいです。
それでもめささんなら、(色んな意味での)いい話に持っていけそうなので。

>>sunさん
いいですねそれ!
思わず感動しちゃいましたwww
景子: 2009.02/04(Wed) 15:17 Edit
それから
数百年後、男女と小さい小さい退治の骨がみつかり、
それをみてまた誰かが誰かにプロポーズをするわけですね(´∀`)
二人ともそれに運命というか、デジャヴをかんじちゃったり。
実は二人の生まれ変わりだったり。
Kz: 2009.02/05(Thu) 18:12 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]