忍者ブログ

夢見町の史

Let’s どんまい!

  • « 2017.09.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
2017
September 20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007
October 14

<羅生門・俺の記憶>



 夜中にお侍さんが歩いています。
 寝泊りする場所を探しているのでしょう。
 いつしかお寺の前で、彼は立ち止まりました。

 羅生門と呼ばれる大きな門をよじ登り、寺の境内へと忍び込みます。
 するとそこには、お墓を荒らす婆さんの姿が。

 夜中のお婆は超怖い。

 ところがこのお婆さん、亡霊でも幽霊でもなく、生きた人間の細胞で出来た老女のようです。
 墓を荒らしたのは、どうやら土葬された遺体から髪の毛を取っていたのでした。
 髪の毛はこの時代、売ることができたからです。

「とう!」

 意味は解りませんが、いきなりお婆に斬りかかるお侍さん。
 何が気に喰わなかったのでしょうか。
 とにかく老婆をやっつけました。

 お婆さんを斬り捨てると、お侍さんは寺から脱出。
 再び羅生門をよじ登って、闇夜に消えていきました。

 ってゆうか、お婆はどこからどうやって境内に忍び込んだのでしょうか。
 羅生門って、実は開いてたんじゃないのか?

 侍の動機も解らん。

 せっかく夜露をしのげる場所まで来たのに、なんでババアにキレる?
 斬ってどうする。

 謎は深まるばかりでございます。

 


 


<羅生門・悪友トメの記憶>



 見つけたのは黒髪の墓泥棒。
 このババア、叩き斬ってくれる!

 羅生門の上でバトル開始!

※なんでそんな不安定な場所で戦い始めたのかは不明です。

 くッ!
 この婆さん、なかなかやりやがる!
 手こずるぜ!

※刀を持った侍と、素手の老婆が何故か互角。

 仕方ねえ!
 こっちも援軍を呼ぶしかねえ!

 おーい!
 みんな来てくれー!

※侍としてのプライドはないのでしょうか。

 おらァー!
 うらァー!
 どっちきしょうがーッ!

 うお!
 この婆さん、俺たちに殺されかけた恐怖で、髪が一気に真っ白になっちまった!
 すげえ。

 何はともあれ、大勝利だぜ。

※果てしなく卑怯です。


 



めさ「そういう話だったっけ?」

トメ「おう。すげえインパクトだったぜ、白髪になるシーン」

めさ「シーンってお前、小説の話だよな? 芥川龍之介が書いた、羅生門の」

トメ「おう。羅生門だよ~」

めさ「羅生門って、アクション巨編だったっけ?」

トメ「知らねえけど、なんか戦ってたぜ?」

めさ「いや、そうかなあ? 俺の記憶だと、一方的にバッサリやっちゃってた気がするけどなあ。だって相手、お婆さんだぜ?」

トメ「じゃあなんであの侍、仲間なんて呼んだんだろうな~?」

めさ「それは最初から呼んでねえんじゃ? だいたいどうやって呼ばれたんだよ、侍軍団は? どこに待機してたんだ?」

トメ「詳しくは知らねえよ」

めさ「くっそう! こんなことなら、中学の時の教科書、ちゃんと読んでおけばよかった! 真相が気になる!」

 謎は深まるばかりでございます。

拍手[2回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「謎は深まるばかりでございます。」はめささんの最近のお気に入りですか?
羅生門ってどんな話だったかなー…
sun: 2007.10/14(Sun) 18:41 Edit
あはは
初めましてめささん!!いつも楽しく読ませて頂いてます!!

そのお話の真相は、細かい心情とかさっぱりはぶいて説明すると、正義の心を持っていたけど仕事がクビになり家もない浮浪者の侍(?)が、なんか婆さんの話を聞いている内に「あれ?別に俺だって悪いことしてもよくね?」と思いたち、突然婆さんを襲って衣服を剥ぎとり追剥強盗をして去る~といった話だったと思います。

ちなみに侍集団や侍VS婆さんのアクションシーンは出て来ません(笑)。(婆さんが一方的に襲われてるだけでした)


名作と言われてますがこう見るとかなり酷いお話ですね。(´_ゝ`)
とむ: 2007.10/14(Sun) 18:43 Edit
羅生門…
めささん…トメさん…。
羅生門でここまで笑えたのは初めてッス。
やっぱお二人はちゃいますね(^∀^;)
モリ太: 2007.10/14(Sun) 20:28 Edit
無題
久々にトメさんエピソードを拝見しました。

俺も高1のときに勉強しましたが、イマイチ理解出来てません。
たまご: URL 2007.10/15(Mon) 03:02 Edit
はじめまして。
わたしも中三でやった記憶あります!
たしか羅生門はお寺の門じゃなくて、都の入り口の門ではないですか?
玄関の門みたいなのじゃなくて、パリの凱旋門みたいな感じで何階建てかになってて、門番が寝泊りできるようになってたんじゃなかったかなぁ。
物語の頃には廃墟になってる設定で。
だから、羅生門の上じゃなくて中ですよ!!
たぶん…きっと…

たしかにあの物語こわかったです。。。

それにしてもトメさんの記憶力すばらしい!笑
全然恐ろしげな雰囲気残ってないですね!さすがです。
あかちん: 2007.10/15(Mon) 03:25 Edit
トメさん..
めささんも凄いけどトメさんはもっと凄いかも侍軍団は一体何処から出て来たんでしょうか..お婆さんが戦ってたりとか..
: 2007.10/15(Mon) 05:29 Edit
無題

ハシゴか何かがあって、それを使って登ったような気がする…

いや、俺じゃなくて侍の人が(笑)
雪城: URL 2007.10/15(Mon) 06:11 Edit
無題
高校の時羅生門やったな~~
懐かしい。

侍の『言わぬとこれだぞよ』っていうセリフが何故か強烈に記憶に残ってます。

トメさん最高。笑
きんぞく: 2007.10/15(Mon) 16:35 Edit
無題
あれは下人で、侍は出てきませんよ笑
で、確か疫病が流行してて廃れかけた都っていう時代背景のもとの話だったと思います。
: 2007.10/15(Mon) 17:23 Edit
無題
お婆さんがかなり可哀想な事に…。

真実はどれ?羅生門が読みたくて仕方なくなりました(笑)
ペムカ: URL 2007.10/15(Mon) 18:03 Edit
無題
とうっ!
って斬りかかる侍、卑怯な侍。
かなりウケます(´∀`)
悪いことしてる婆さんに
「ならお前も盗まれても文句は言えないな?」
的な展開だったと思いますが^^;
トモ: URL 2007.10/15(Mon) 18:07 Edit
高2の時♪
去年習いました

確か...お婆さんは..髪を自分に植毛するんだっけ.....?

..覚えてないや
失礼しましたー(^o^;
みなみ: 2007.10/15(Mon) 18:57 Edit
高2の時♪
去年習いました

確か...お婆さんは..髪を自分に植毛するんだっけ.....?

..覚えてないや
失礼しましたー(^o^;
みなみ: 2007.10/15(Mon) 19:19 Edit
無題
正義感を持っていた下人も、老婆の話を聞くうちに悪人となることへの抵抗が無くなってしまったことから、人の考えや心情なんてすぐ変わるから、あてにはなりませーんよ。っていうことを教訓?とした物語だったような気がします。

私も去年やったんですが、なんか最初の方にトカゲ出てきません?

あと、老婆の話で、
「私が今髪を抜いている女はさ、〇〇(忘れた)を●●と偽って売ってたんだよね。だから私がこの女に悪いことしても別に良くね?」
みたいな感じになって、下人も
「じゃあ今俺がてめぇに何か悪いことしても別に良いんじゃね?」
ってなって、バッサリやっちゃったんじゃなかったですか?
: 2007.10/15(Mon) 20:57 Edit
無題
すいません、上のやつ私です。風じゃなくて景子です。間違えたぁ(T_T)
景子: 2007.10/15(Mon) 21:11 Edit
無題
私も高1の時に習いました。

確か、どっかのお屋敷をリストラされた下人が、雨をしのぐために、羅生門の2階に不法侵入するやつですよね。

薄気味悪い感じの話も、めささんの手に掛かれば、ポップで明るいお話に!(笑)
とめさんの、援護呼んじゃうVerも面白いです!(*´艸`)
カナ: 2007.10/15(Mon) 21:39 Edit
おおお!
 皆さんのおかげで、羅生門の真相が段々明らかに!
 ありがとござーい!(←最近のマイブーム。「ありがとう」以上の感謝を表しつつ、堅苦しさを取っているつもり)

 そうだったそうだった。

 おばあさん、カツラを作ろうとしてて、それを正当化してて、それでお侍さんが「じゃあ俺も」みたいな感じでしたね。

 うおお!
 皆さんのおかげで、思い出してきましたよ。
 多謝です。
めさ: URL 2007.10/15(Mon) 21:47 Edit
ハッピーバースデイ♪
10/15 円香さん、誕生日おめでとうございます!

 俺は今年31歳なんですが、さすがに何度も季節を過ごしてきたような気がします。
 でも実際は、31回しか春夏秋冬を過ごしていないんですね。
 お互い、エレガントに歳を取っていきましょう。
 円香さん、ハッピーバースデイ!
めさ: URL 2007.10/15(Mon) 23:14 Edit
羅生門って……
こんな面白いもんだったのかー


ときにめささん
↑まだ10月ですよ( ̄∀ ̄;)
レニア: 2007.10/17(Wed) 00:48 Edit
ハッピーバースデイ♪
 前回の誕生日お祝いレスにて、まだ10月なのに11月と表記してしまいました。
 円香さん、すみません!
 がっつり直しておきました。

 さて。
 昨日のことになってしまい、恐縮ですが、

10/16 小橋さん、誕生日おめでとうございます!

 また新しい歳になって、ますますの笑顔であられますように。
 ハッピーバースデイ!
めさ: URL 2007.10/17(Wed) 17:48 Edit
無題
初めまして(^-^*)/
羅生門はうっすらですが覚えてます。
髪を抜かれた女の人は生前、蛇を魚と偽り売っていて、しかも味が良いと評判で、お武家様(この辺りは自信ないです)にも良く売れていた...みたいな感じだったと思います。
あとは皆さんと同じ~
いや~でも、今頃羅生門が出るなんて思わなかったです~。さすがめささん
通りすがりのめささんファン: 2007.10/17(Wed) 22:15 Edit
妄想連鎖ですね(笑)
お婆さんがマッチョな感じで戦う所の話がナイス妄想だと思います(笑)

男の人にしぶとく立ち向かっていくお婆さんの心意気に乾杯…!な物語。であって欲しかったかも(笑)

羅生門……物語が微妙な終わり方でした…めささん達に次は物語のその後を考えていただきたい気持ちでいっぱいです!笑)

水月: URL 2007.10/18(Thu) 17:15 Edit
なんと!!!
今日授業でやりましたよ羅生門!!!!
なんたる偶然ッッッ!!!!(・□・;)ポカーン
さすがに今日やった内容なのでハッキリキッチリ覚えてますd(′∀`)笑

浮浪者チックな男が羅生門とゆー、不況のせいで死体置き場同然な寺にとりあえすの宿として居座る(・д・;)コノホームレス!!!
そこで老婆が死体の髪を抜いてるのを発見(・□・)ミッケ!!!
男は老婆を叱ります(`□′)コラ!!!
しかし「この女(仏さん)は生前蛇を魚と称して売った。悪いことをするのも仕方のない世の中だと言う事をこの女は知っている。だから許してくれるだろう」という老婆の言い分を聞いて(・-・)フムフム
「では俺がお前を襲うのも納得するんだな?」と言って服を奪って逃走(д′)≡3タタタ

ちなみにお婆さん殺してはいませんよ笑
有機物: 2007.10/18(Thu) 21:30 Edit
ハッピーバースデイ♪
 羅生門の真実が、おかげで明らかになってきましたよ。
 皆さん、大感謝です。

 他に、うろ覚え物語があったら、またネタにさせていただきますね。

 さて。

10/18 みずほさん、誕生日おめでとうございます!

 明るい光や、人や、笑顔に、これからも恵まれ続けますように。
 誕生日おめでとう!

追記・日記の更新は、やはり多忙なので、もうちょっとだけお待ちくださいませ。
 頑張るよん。
めさ: URL 2007.10/18(Thu) 22:01 Edit
ハッピーバースデイ♪
10/21 あんじさん! 誕生日おめでとう!

10/21 カイリさん、誕生日おめでとうございます!

 あんじさんは俺とタメのリアルの友人。
 とうとう32かー。
 日光の猿と戦いに行った日が懐かしゅうございます。

 カイリさんもあんじさんも、輝かしい新たな1年を楽しんじゃってくださいね。
 おめでとう!
めさ: URL 2007.10/21(Sun) 23:51 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL
[89] [88] [87] [86] [85] [84] [82] [81] [80] [79] [78]
プロフィール
HN:
めさ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/11
職業:
悪魔
趣味:
アウトドア、料理、格闘技、文章作成、旅行。
自己紹介:
 画像は、自室の天井に設置されたコタツだ。
 友人よ。
 なんで人の留守中に忍び込んで、コタツの熱くなる部分だけを天井に設置して帰るの?

 俺様は悪魔だ。
 ニコニコ動画などに色んな動画を上げてるぜ。

 基本的に、日記のコメントやメールのお返事はできぬ。
 ざまを見よ!
 本当にごめんなさい。
 それでもいいのならコチラをクリックするとメールが送れるぜい。

 当ブログはリンクフリーだ。
 必要なものがあったら遠慮なく気軽に、どこにでも貼ってやって人類を堕落させるといい。
リンク1

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP


Hit

Yicha.jp急上昇キーワード[?]

忍者ブログ[PR]